FRP業界での活躍を目指す企業のコンサルティングパートナー

繊維強化プラスチック短信 第8回 形状変更が可能な成形型

2022-05-12

日本工業出版社発行の月刊プラスチックで連載中である「繊維強化強化プラスチック短信」にて、以下のメルマガに関する内容が掲載されました。

形状自由度と再利用が可能な三次元曲面成形型

 

Adaptive Mould というFRPの三次元形状成形につかう型は、エラストマーシートを複数の金属柱で支えます。

この金属柱はシリンダーで長さを変えられるため、曲面形状を形成できます。

 

金属柱の長さを様々に組み合わせれば形状を変えられるため、形状変更可能な成形型と考えることができます。

 

編集者の方とは、設計ということについて意見を交換しています。

 

本内容は2022年5月号に掲載されています。

月刊プラスチックスの概要はこちらのサイトで見ることができます。

 

本連載に関する概要についてはこちらのサイトをご覧ください。

Copyright(c) 2022 FRP consultant corporation All Rights Reserved.
-->