FRP業界での活躍を目指す企業のコンサルティングパートナー

〈2020年4月24日 セミナー 〉高密度で効率良く学べる はじめてのFRP

2020-02-04

※本セミナーは日刊工業新聞社の判断により開催が中止となりました(2020年4月6日更新)。

 

日刊工業新聞社からの依頼により、高密度で効率良く学べる!はじめてのFRP ?FRP材料関連技術入門と業界最新動向? というセミナーに登壇します。

これまでセミナー主催企業、並びに民間企業のセミナーに登壇してきましたが、その中のニーズで常に高いものの一つとして、

「FRPを基礎から学びたい」

というものがあります。

当社のHPでも「はじめてのFRP」というカテゴリーで技術の基本について解説を行ってきました。

これまでの講演やセミナーにおいても、できる限りわかりやすく説明してきましたが、材料試験の面内や層間、応力比、せん断といった単語、マトリックス樹脂で言えば熱硬化と熱可塑、強化繊維で言えば炭素繊維とガラス繊維、並びにそれらの表面処理であるサイジング剤はもちろん、UD、平織、綾織り、NCF、材料仕様で言えばVf、目付、RC等、FRP工程で言えば成形加工だけでなく、非破壊検査や積層、プリフォームなど、基本として理解すべきことが非常に多いのが実情です。

そこで今回のセミナーでは、技術の基本的な部分にのみ特化したものを企画し、FRPはどのようなものかわからないという方に対しても理解いただけるよう、事例を交えながらわかりやすく解説します。

さらに講演時間を半日にすることで、できる限り効率よく学んでいただけるよう配慮いたしました。

FRPについて基本を学びたいという方は受講をご検討ください。

 

セミナーの申し込みや詳細については以下のサイトからご覧いただけます。

https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/3565

 

セミナー開催概要

セミナー題名:

高密度で効率良く学べる!
はじめてのFRP
?FRP材料関連技術入門と業界最新動向?

申し込みや詳細は以下のURLをご覧ください。

https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/3565

 

日時:
2020年 4月 24日(金) 13:00?17:00

会場:
日刊工業新聞社 東京本社セミナールーム(東京都中央区日本橋)

主催:
株式会社 日刊工業新聞社

プログラム

?はじめに:主なFRPの用途とその適用理由
?公園の遊具、貯水タンクから、化学工場の薬品タンク、建築、インフラ、
そして自動車や航空機等の用途概要とFRP適用動機を解説
?1.FRP材料誕生の狙い
?1-1.FRPの属する「複合材料」とは何か
1-2.マトリックスによる複合材料の分類
1-3. FRPにおける強化繊維とマトリックス樹脂のそれぞれの役割
?2.FRPの主な強化繊維
?2-1.強化繊維の概要:UD、織物、組紐(Braiding)、NCF、Milledfiber、ガラスマット
2-2.強化繊維の形態の違いによる強み、課題、主用途
2-3.炭素繊維のつくり方とマトリックス樹脂との接着のポイント
?3.FRPの主なマトリックス樹脂
?3-1.主要マトリックス樹脂一覧:EP、UP、PP、BMI、PA6、PPS、PEEK等
3-2.熱硬化性、熱可塑性とは何か
3-3.熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂の特徴
?4.FRP材料仕様(spec)の基本
?4-1.目付(Area weight/Areal weight)
4-2. V(f Fiber Volume)
4-3. RC(Resin Content)
4-4.弾性率/ポアソン比/強度
?5.FRP成形品完成までの一連プロセス
?5-1.FRP製品成形の一連プロセス
5-2.積層/プリフォーム技術概要と比較
5-3.成形技術概要と比較
5-4.加工技術概要と比較
5-5.寸法検査、非破壊検査技術概要と比較
?6.FRP適用時の留意点
?6-1.CFRP適用で要注意の電蝕
6-2.設計に必須の知見:FRPの異方性(面内/面外とは)
6-3. FRPの材料仕様を決める材料規格の必要性
?7.FRP業界最新動向
?7-1.室温長寿命を有する難燃性熱硬化エポキシプリプレグ(GMS EP-540)
7-2.取り扱い性と高速硬化を実現したCFRPの適用拡大(Hexcel M77)
7-3.高い形状追従性を実現する非プリプレグ新規熱可塑性CFRP(SHIMTEQTM NCF-Resinply)
7-4.高速平面積層を想定した成形中の材料変形予想と必要な材料データ(picture frame 試験)
7-5.材料メーカーによる材料特性把握を目的としたCAEの積極活用
7-6.UDとNCFで強化されたFRP併用による堤防補強(DikeStabilizer)
7-7.CF/PEEKのFRPによる海底油田の輸送パイプや航空機の一次構造材への適用
7-8.ナノカーボンとFRP併用材のスポーツバイク構造材適用による高強度、高減衰の実現
7-9. FRPリサイクルと廃棄処理の現状
7-10.補修、改修、補強に用いるFRP:薬品タンク改修、下水管(管更生)、トンネル(内壁補強)
?質疑・応答
Copyright(c) 2020 FRP consultant corporation All Rights Reserved.
-->