FRP業界での活躍を目指す企業のコンサルティングパートナー

CFRP/Innegra スキンと EPS コアのサーフボードへの適用 Vol.123

2019-06-18

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FRP関連の最新情報を効率よく入手できるメールマガジン

FRPのプロが注目する「業界最新ニュース」Vol.123 2019/6/17

(隔週月曜日発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメールマガジンは送付を同意された方のみにお送りしています。

ご不要の場合は、このメールの末尾にて、読者登録変更・解除が可能です。

<目次> ━━━━━━━━━━━━━━━━

・「FRP業界最新ニュース」

・お知らせ

・編集後記

 

<今週の「FRP業界最新ニュース」> ━━━━━━━━━━━━━━━━

今週のFRPのプロが注目する「業界最新ニュース」では、

「 CFRP/Innegra スキンと EPS コアのサーフボードへの適用 」

ということについて述べてみたいと思います。

FRPが比較的昔から使われている、
水上スポーツ。

サーフィンはその典型です。

私の知り合いのサーフィンが趣味の方は、
自分でハンドレイで補修していると言っていました。

このサーフィンですが最近は色々なものが出てきているようです。

そのうちの一つが、

「電動プロペラのついたサーフィン」

です。

波が無くとも推進することができるとのこと。

以下がそのイメージ動画です。

少し水面から浮いていますが、
水面下で電動のプロペラが推力を生み出し、
波が無いところでも前進することができます。

いわゆる ハイドロフォイル ですね。

Fliteboard と呼ばれるこの製品については、
以下のHPで概要を見ることができます。

https://fliteboard.com/

最大速度は45km/h、1回のフル充電で90分間は巡行できるようです。

またGPSも備えており、
どのようなルートで移動したか、
といったことも記録できるとのこと。

私自身、マリンスポーツはシュノーケリングくらいしかできませんが、
見ている限りとても楽しそうです。

さて、このような水の上をある程度の速度で移動しながら、
急激な方向転換をするという乗り物には、

「軽量かつ高剛性」

という性能は必須とも言えます。

そして上記の Fliteboard という製品も、

「CFRP/Innegra スキンと EPS コア」

という材料構成になっています。

いわゆるスキンコア構造ですね。

コアに用いられているのはEPSコアです。

EPS は Expanded Poly-Styrene の略で、
ポリスチレンのフォーム材です。

これは今回のサーフィンに限らず、
色々な建材にも適用されるなど、
身近な材料の一つです。

スキンはCFRPと Innegra のハイブリット。

InnegraというのはPPベースの高強度繊維で、
有機繊維特有の高い靭性と、
オレフィンの特徴である低密度の特性を持ちながら、
強度を大幅に改善した比較的新しい繊維です。

以下のページで概要を見ることができます。

一例として上記のInnegraの特性を見てみると、
密度は0.84、引張弾性率は14GPa、強度は640MPaであり、
当然ながら炭素繊維やガラス繊維と比較して、
強度は半分から3分の1程度、
弾性率は4分の1から20分の1程度です。

ただし、密度は2分の1から3分の1程度と、
オレフィンらしく密度はかなり低めです。

よってInnegraは剛性は高いといっても、
FRPの一般的な無機繊維と比較すると、
極めて軽い一方、柔らかく、しなやかである印象です。

そして何より注目はその破断伸び。

20%以上変形できるので、かなりのエネルギーを変形により吸収できます。
そのため、アラミド繊維と組み合わせた上でアプリケーションに防弾チョッキも含まれているのです。
(上記のスライドの9ページ目をご覧ください)

このしなやかさにより、構成材料の靭性を高める、
というのが炭素繊維と組み合わせる動機になっています。

以下のような動画もあり、Innegraが高靭性繊維である、
ということを訴えかけていますね。

訴え方が大分ガサツな印象はありますが、イメージには残りますね。

今回Innegraをハイブリットにする動機は上記の特性を高める、
ということに加え、

「材料価格を抑える」

ということにも主眼が置かれているのは当然です。

B to C のビジネスにおいてはハイエンドといっても、
高価格帯には限度があるため、
ここは戦略として大切なところです。

このような価格とパフォーマンスのバランスを取りながら、
製品設計をしたというのは、
今回の Fliteboard の製造を担当した Cobra (タイのFRP成型メーカー)の高いノウハウを感じます。

スキンコアのスキンに無機繊維と有機繊維を組み合わせる。

今後、FRPがより身近な製品になるには、
このような異種材の組み合わせがさらに増えていくのかもしれません。

 

<お知らせ> ━━━━━━━━━━━━━━━━

今後の登壇予定のセミナーを以下の通りご紹介させていただきます。
合わせて参加をご検討ください。

– 2019年6月20日(月)10:30-16:30

会場:日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム(東京・日本橋)

FRP製品開発フローと技術的なポイント

〈2019年6月20日 セミナー 〉FRP製品 開発フロー と技術的なポイント

– 2019年9月18日(水)10:30-16:30

会場:大田区産業プラザ(PiO)(東京・南蒲田)

CFRP部材・製品の 設計と生産に関する 品質保証の考え方とその実践方法

本セミナーは全国にライブ配信する予定です。
詳細が決まりましたらお知らせします。

– 月刊誌「 機械設計 」連載:2019年7月号発売中

2019年7月号が発売され、第7回目の連載記事が掲載されています。
ご興味ある方は購入をご検討ください。
今回はFRPの破壊形態と特性を踏まえた非破壊検査技術の適用について述べています。

※題目 FRPは外見よりも中身が大事

http://pub.nikkan.co.jp/magazines/detail/00000875

 

<編集後記> ━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、小学生時代からの友人と久しぶりに会いました。

彼と出会った時、私は小学3年生ですので、
自分の子供がその年齢を超えたということもあり、
時の流れを感じます。

その友人とは小学校は同じミニバスで汗を流し、
中学校では同じバスケ部に所属していました。

非常に厳しい部活だったことから、連携感も強く、
先日会った友人に限らず今でもメンバーとはつながっています。

そんなメンバーも、
当時から色々考えて部活に取り組んでいた、
ということを今になって知りました。

それに比べて私は何も考えていなかったな、
と思いつつ、それでも楽しく学校生活を送れた、
というのは友人たちや先生のおかげだったのかもしれません。

今も昔も人のつながりは大切ですね。

・ 著書/連載情報━━━━━━━━━━━━━━━━

月刊「機械設計」(日刊工業新聞社)「これからの設計に必須のFRP活用の基礎知識」連載中
http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0001

『CFRP製品設計の前提知識 ?CFRP業界の特殊性を踏まえた重要ポイント?』
http://www.johokiko.co.jp/ebook/BC170601.php

『CFRP ?製品応用・実用化に向けた技術と実際?』(共著)
http://www.johokiko.co.jp/publishing/BC160301.php

・ 読者登録変更・解除について━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは自社配信システム及び「まぐまぐ」を利用し、
読者登録された方のメールアドレスに自動でお送りしています。
読者登録にお心当たりがない場合や解除したい場合は下記URLにてお願いします。

まぐまぐの配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001643058.html

==================================
・メルマガ名 FRPのプロが注目する「業界最新ニュース」
・責任者名  FRP consultant 株式会社 代表取締役社長 吉田 州一郎
・責任者メール info@frp-consultant.com
・オフィシャルサイト https://www.frp-consultant.com/
==================================
Copyright (C) 2019 FRP Consultant Corporation All Rights Reserved.

Copyright(c) 2022 FRP consultant corporation All Rights Reserved.
-->