FRP業界での活躍を目指す企業のコンサルティングパートナー

吉田 州一郎 (よしだ しゅういちろう)

– FRPコンサルタント
– 「技術者育成研究所」代表
国立大学法人 福井大学 非常勤講師
– Professional member of Society of Plastics Engineers( SPE;  米国プラスチック技術者協会)
– 高分子学会(The Society of Polymer Science) 正会員
– 繊維学会(The Society of Fiber Science/Technology)正会員
– NPO インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)正会員
 

FRP(Fiber reinforced plastics: 繊維強化プラスチック)を用いた製品の技術的課題解決、該関連業界への参入を検討、並びに該業界での事業拡大を検討する企業をサポートする技術コンサルタント。

  - FRP部品の試作を行っているが、量産をにらみ、成形パラメータを整理し、品質安定化を目指したい

  - FRP部品の品質保証に関する、検査手法、品質保証の考え方を知りたい

  - FRP材料データを取得したいが、有意義な材料データを取得するにはどうしたらいいのかわからない

  - FRP関連業界への新規参入を検討しているが、FRPに関する基本的かつ専門的な助言が欲しい

  - FRP関連業界に関する概要情報を取得するための社内セミナーを開催してほしい

  - FRPの業界に参入しているが、事業拡大のためのビジネス戦略を一緒に考えてほしい

  - FRPに関連する事業の戦略を考えるにあたり技術的かつ業界動向を踏まえた第三者視点が欲しい

といった、FRPに関連する課題を有する、または検討を行っている企業の技術的サポートを行う。

 

日系大手機械メーカーの航空機エンジン部門にて、10年以上にわたりFRPに関連する業務に従事。社内試作から始まったCFRP航空機エンジン部品の設計、認定開発、海外量産工場立ち上げを完了。本部品は先進性が高いという評価を得て、世界的FRP展示会 JEC にてInnovation award受賞。新規FRP材料研究においては、特許や海外科学誌への論文投稿掲載を推進し、Polymer JournalPolymer Compositesをはじめとした科学誌に掲載。

 

これまでのFRPに関連する業務を通じて痛感している、

 

「FRPは設計、材料、製造といった各工程とのつながりが極めて強い材料である」

 

ということに関し、自領域以外のことがわからず苦労している多くの企業がいる現状を目の当たりにする。

 

この苦境にいる企業に対して、自らの経験や知見で貢献したいと考え、複数企業と直接コンサルティング契約を結ぶ技術コンサルタントとして独立。現在に至る。

クライアント企業に対しては、FRP材料の原点であるマトリックス樹脂の開発、FRP製品量産設計、FRP製品製造工程、国内外の業界最新動向に基づいた事業拡大戦略といった技術サポートや事業戦略サポートを主として行っている。航空業界での型式認定、量産工場立ち上げに加え、高い専門性を活かしての最新材料研究といった研究から量産という幅広い実経験に裏付けられた技術サポート、事業戦略サポートには定評がある。

年に数回のセミナー講師、大学での講義や学会での講演を行う一方で、自らの知見の鮮度を落とさないため、実践経験に基づき現在も川中及び川下企業を中心に、国内外問わず複数の顧問先企業の最前線業務で研究開発業務や技術戦略を先導、指示している。

東京工業大学工学部高分子工学科(有機化学)卒業後、ドイツ研究機関 Frauhofer Institute にて1年間医療材料研究のインターンを終了し、東京工業大学大学院修士課程(高分子応用研究)修了。学術論文一覧は研究者向けSNSである ResearchGate にて公開中。

主な著書に『CFRP~製品応用・実用化に向けた技術と実際~』(共著) 、『CFRP製品設計の前提知識 ~CFRP業界の特殊性を踏まえた重要ポイント~』など。

Copyright(c) 2017 FRP consultant All Rights Reserved.