FRP業界での活躍を目指す企業のコンサルティングパートナー

Plataine が FRPの材料管理も想定した AI / IoT を用いた工程最適化ツールを展開 Vo l.100

2018-07-29

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

FRP関連の最新情報を効率よく入手できるメールマガジン

   FRPのプロが注目する「業界最新ニュース」Vol.100 2018/7/30

                        (隔週月曜日発行)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメールマガジンは送付を同意された方のみにお送りしています。

ご不要の場合は、このメールの末尾にて、読者登録変更・解除が可能です。

<目次> ━━━━━━━━━━━━━━━━

・「FRP業界最新ニュース」

・お知らせ

・編集後記

<今週の「FRP業界最新ニュース」> ━━━━━━━━━━━━━━━━

今日の「FRP業界最新ニュース」では、

「 Plataine が FRPの材料管理も想定した AI / IoT を用いた工程最適化ツールを展開 」

ということについて述べてみたいと思います。

第四次産業革命の文言のもと注目の高まる AI / IoT。
マスコミ記事、各種講演などでも見かけない日が無いくらいです。

その流れもあってか、FRPの業界でも徐々に AI / IoT を使うケースが出てきています。
実際、私のクライアント企業の一部でもこの手の技術を応用しようという取り組みをしています。

今日は、Composite Worldに出ていた以下の記事をベースに、
FRP業界でのAI/IoTの適用例について紹介したいと思います。

記事は以下の所で見ることができます。

題目:Plataine and Google Cloud partner on factory floor AI solution

URL:https://www.compositesworld.com/news/plataine-and-google-cloud-partner-on-factory-floor-ai-solution

PlataineのHPを見る前に、まず以下の Plataine CEOのインタビューを見てください。
HPよりもわかりやすい解説をしてくれています。

※Plataine CEOインタビュー

詳細は上記の動画を見てもらえればと思いますが、
要点だけ述べると以下の通りです。

– 航空業界において、FRP(Composite)の材料を使用期限内に使用する、
そのために工程をどの順番で組み、どのように人を配置すべきかということについて、
システムが最適化提案を行う、といった適用が一例。

– AIシステムにインプットされる情報は、
・「ERP(Enterprise Resource Planning:経営における資源要素の有効分配計画)」
・「センサーを経由した設備稼働/空き状況」
・「人的配置/空き状況」
といった3要素が基本。

– アウトプットはAIの特定アルゴリズムによって最適化された解をもとに判断し、
時間軸とリソース配分方法の2つを基本としてタイムリーに提案を行う。

– データのやり取りにはクラウドを使うことでデータ保管の負荷を低減。
セキュリティーについては防衛関連企業の協力を得ることで対応している。
※上記防衛については、情報セキュリティー企業のことを言っているかもしれません。

– 特定の要素に着目するのではなく、全体を一つの枠組みとしてとらえることがコンセプトである。

一般的な言及よりもより具体的に述べられているというのが私の印象です。

さて、なぜ航空機のFRPへの適用というのが事例として述べられているのか、
については以下のPlataineのHPを見ると合点がいくと思います。

https://www.plataine.com/

トップページにGEを例にした導入が述べられています(航空だけでなく、風力発電も含む)。
ここではFRPだけでなく、CMCなども対象となっています。

材料管理だけでなく、工程全体の品質管理とトレーサビリティー、
オンタイムでの製品出荷というトータルでの工程最適化に効果があったとのことです。

航空に関しては以下のHPでも概要が述べられていますので、
興味のある方はご覧ください。

https://www.plataine.com/industry/aerospace-composites/

AIやIoTの中で、AIについて少しだけ私見を述べておきたいと思います。

まずメリットの中で最大のものは、

「非線形での予想や近似が可能である」

という点です。

ここは古典的モデルでは困難、または複雑化するケースが多く、
もし最適解がシャープに出現するときにはAIは思いもよらない素晴らしい回答を示すでしょう。

その一方で課題もあります。

1点目はラーニングです。

AIの強みと表裏一体ではありますが、
AIはラーニングさせなくてはいけないので、
精度の良い解を出せるようになるまで時間がかかる可能性があります。
途中ではむしろ誤った答えを出すかもしれません。
誤った答えを出したということを覚えさせるのも大切なラーニングです。

そして2点目がAIがどのような経緯で解を出したのか、
という経緯がわからないということです。
仮に問題だらけの解を出した場合、
アルゴリズムのどこに問題があって、それをどう修正すればいいのか、
という究明ができないのです。

究明できないということは泥沼にはまる可能性もあります。

最後の3点目が、
しかるべきインプットとアウトプットを指定しないと、
AIはきちんとした解が出せない、
ということになります。

これは一般的な多変量解析でも全く同じですが、
結局のところ出だしできちんとしたデータ設定ができないと、
欲しい結果が得られないのです。

AIといえども初めの設定は人間がやる、
ということを考えれば当然かもしれません。
やはり最新の情報化社会といえども、それを適切に扱える人間が必須なのです。

いかがでしたでしょうか。

課題を多く書いてしまいましたが、
結局のところ研究から開発、そして量産までを最前線で実経験した私の考えとして、

「本質が何であるのかを見極めるため、技術は極力シンプルにすべし」

というものが背景にあります。

そう考えるとAIもIoTも技術の本質をきちんととらえられているかどうか、
という生身の人間の本質的な力によって、成否か決まると考えます。

時代の流れを上手くキャッチしながらも本質を見失わないようにする。

そのような基本姿勢がFRPに限らず、すべての業界に求められているのだと思います。

<お知らせ> ━━━━━━━━━━━━━━━━

今後の登壇予定のセミナーを以下の通りご紹介させていただきます。
合わせて参加をご検討ください。

– 2018年 8月 27日(月)
10:30?16:30(昼食付)

会場:きゅりあん 4F 研修室(東京・品川区大井町)
*申込者数増加に伴い、会場変更の可能性があります(新会場決定予定8月中旬)。

CFRP製品の量産工程構築に必要な工程規格(Process spec)と関連文書作成法

https://www.science-t.com/st/cont/id/28628

– 2018年 9月 13日(木)
10:30?16:30(昼食付)

会場:PAT-T606会議室6階606(東京都・千代田区秋葉原)

CFRP/GFRP関連事業の事業戦略と推進方法
<経営者および決裁権を持つマネージャー・事業設計担当者向け>

http://www.johokiko.co.jp/seminar_chemical/AC180903.php

– 2018年 10月 4日(木)
10:30?16:30

会場:日刊工業新聞社 東京本社 セミナールーム(東京・日本橋)

FRP製品開発フローと技術的なポイント

https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1927

<編集後記> ━━━━━━━━━━━━━━━━

FRPのプロが注目する「業界最新ニュース」のメールマガジンが、
記念すべき100巻に到達しました。

2014年11月から続けて3年半超での到達です。

マーケティングの観点からメールマガジンでの読者数を増やすため、
名刺交換した方を当人の許可なく登録する、
読者数増加のオプションを使うという企業や個人事業が多い中で、
そのようなことを一切行わず読者数も150名を超えました。

改めて本メールマガジンをご購読いただいている方々に感謝申し上げます。

最近は私が登壇する講演で聴講者としていらっしゃる方や、
HP経由でお問い合わせいただいた企業担当者の方から、

「メールマガジン読んでます」

とお声がけいただくことが増えるなど、浸透してきていることを感じています。

今後も本メールマガジンによって得られる情報が、
読者の方々にとって少しでもお役に立てるよう、
継続していきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

・ 著書情報━━━━━━━━━━━━━━━━

『CFRP製品設計の前提知識 ?CFRP業界の特殊性を踏まえた重要ポイント?』
 http://www.johokiko.co.jp/ebook/BC170601.php

『CFRP ?製品応用・実用化に向けた技術と実際?』(共著)
 http://www.johokiko.co.jp/publishing/BC160301.php

・ 読者登録変更・解除について━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは自社配信システム及び「まぐまぐ」を利用し、
読者登録された方のメールアドレスに自動でお送りしています。
読者登録にお心当たりがない場合や解除したい場合は下記URLにてお願いします。

まぐまぐの配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0001643058.html

==================================
・メルマガ名 FRPのプロが注目する「業界最新ニュース」
・責任者名  FRP consultant 株式会社 代表取締役社長 吉田 州一郎
・責任者メール info@frp-consultant.com
・オフィシャルサイト https://www.frp-consultant.com/
==================================
Copyright (C) 2018 FRP Consultant Corporation All Rights Reserved.

Copyright(c) 2022 FRP consultant corporation All Rights Reserved.
-->