FRP業界での活躍を目指す企業のコンサルティングパートナー

〈2016年9月21日 セミナー 〉 CFRP 材料技術 - マトリックス 樹脂 の設計技術 –

2016-07-01

※本セミナーは既に終了いたしました。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました(9月21日追記)。

 

昨年好評だったCFRPのマトリックス 樹脂 に関するセミナーを本年も行いたいと思います。

 

昨年本セミナーを行ったときとは状況が多少変わってきており、熱可塑性樹脂のウェイトが大きくなりつつあります。

また熱硬化性樹脂でも長期室温保管が可能な一方で、5分以内で硬化が完了するといった量産性が極めて高いマトリックス樹脂も登場し、FRP業界に旋風を巻き起こしております。

 

マトリックス樹脂というと化学メーカーや材料メーカーのイメージを持たれるようですが、実際にCFRP(GFRPも含め)を用いるユーザーも、

 

「化学的な知見は無いので」

 

という思考回路で材料は買ってきて形を作る、という従来材料で機能したスタンスが通用しないということを強く感じ、マトリックス樹脂に関連する知見を習得する必要性に迫られているはずです。

つまり、本セミナーの対象者は化学の専門家である材料メーカーではなく、実際に成形加工をするユーザーや製品設計をするアッセンブリーメーカーといえるかもしれません。

 

本セミナーでは聴講側として座学として聴くという受動的スタイルではなく、積極的な議論を通じて聴講者の方が普段疑問に思っている内容も題材にしながら実戦に即した

 

「質疑応答を主とした能動的セミナー」

 

となっています。受動的なセミナーと比較し、知識の習得が高いと好評をいただいています。

 

以下、セミナーの内容となります。興味ある方は受講をご検討ください。

尚、本セミナーには講師割引が適用されます。

ご希望の方はこちらのフォームより、題名に「9月21日のセミナー講師割引希望」とお書きの上、送信いただければと思います。

 

セミナー概要

※セミナーの詳細、お申し込みはこちらからお願いします。

日時・会場・受講料
●日時 2016年9月21日(水) 12:30-16:30
●会場 [神奈川・川崎]川崎市産業振興会館10階第1会議室
●受講料 1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

■講師より
CFRP材料の根幹を担っている炭素繊維とマトリックス樹脂。CFRPの解析や成形に関連する情報は多くみられますが、マトリックス樹脂に関しては語られることが少ない印象です。CFRP材料の原点であるマトリックス樹脂を理解することは、CFRPの設計、成形、品質保証といった幅広い領域の理解につながり、CFRP業界への参入や当該業界での事業拡大への糸口を見つけられる一助となる可能性を秘めています。本セミナーではCFRPのマトリックス樹脂に焦点を当て、マトリックス樹脂の概要と配合設計といった技術論のみならず「組織論・業界構造論」も踏まえ包括的に解説しつつ、関連技術を基盤としたCFRP業界参入戦略について述べます。

■受講対象者
・CFRP業界への参入を検討、もしくは参入間もない企業の材料研究者・技術者でマトリックス樹脂の開発を検討している方
・CFRPを取り扱う立場の機械系技術者で、マトリックス樹脂についての基礎的な知見を求めている方
・CFRPの研究開発リーダー、グループのマネジメントをする立場の方 など

■受講して得られる知見、情報
・CFRP材料と設計、製造、生産技術の関係概要
・CRFPのマトリックス樹脂の開発コンセプト概論 
・マトリックス樹脂関連技術を基盤としたCFRP業界参入戦略 など

 

セミナープログラム


1. CFRPのマトリックス樹脂概論
 1.1 CFRPの材料基本構成
 1.2 CFRPに用いられる主なマトリックス樹脂の種類と特性
 1.3 熱可塑性と熱硬化性樹脂とは
 1.4 熱硬化性CFRPと熱可塑性CFRPの特徴・相違点

2. CFRPにおけるマトリックス樹脂の重要性
 2.1 マトリックス樹脂をとりまく各プレイヤーの構図
 2.2 CFPRの物性とマトリックス樹脂の関係
 2.3 マトリックス樹脂がCFRP成形プロセスに与える影響
 2.4 マトリックス樹脂が部品設計に与える影響
   ―成形プロセスごとの樹脂、重要特性と重要特性選定理由―

3. CFRPのマトリックス樹脂設計コンセプト
 3.1 ユーザーのニーズを意識することが出発点
  3.1.1 CFRP部品設計ニーズ・要件
     ―特性項目ごとの評価例、要求例―
  3.1.2 CFRP成形加工ニーズ・要件
     ―特性項目ごとの評価例、要求例―
  3.1.3 CFRP製品を使用するお客様のニーズ
     ―必須要件と付加価値―
 3.2 マトリックス樹脂の設計コンセプト
  3.2.1 重要な3つのポイント
  3.2.2 簡易明快な複数ステップの設定
  3.2.3 有機物の無視できないバラつきと誤差
  3.2.4 評価の客観性
 3.3 マトリックス樹脂配合設計プロセスフロー概要
  3.3.1 各プロセスの策定
  3.3.2 プロセスごとの留意点・ポイント
  3.3.3 マトリックス樹脂配合設計に必須の客観的評価ツール

4. マトリックス樹脂関連技術を基盤としたCFRP業界への参入戦略
 4.1 国内CFRP業界の問題点と欧州の先進的事例
 4.2 CFRP業界参入・事業拡大時のポイントと参入後の留意点

<質疑応答・名刺交換・個別相談>

Copyright(c) 2022 FRP consultant corporation All Rights Reserved.
-->